家族について調査

カメラで撮る

パートナーの浮気が心配なとき、正面から問い詰めるだけでは意味がありません。自分で尾行することもできますが、もしも露見すれば気まずくなるだけでなく、その後のガードが固くなって、余計に浮気の事実を掴みにくくなります。このようなときは、プロの探偵に浮気調査を依頼するのが有効です。 探偵による浮気調査は、単に事実を確認するだけではありません。暗視カメラや望遠レンズなども駆使して、決定的な証拠を押さえ、依頼人に引き渡します。浮気が理由で離婚訴訟になったとき、証拠のあるなしでは結果に大きな違いが出ます。探偵社によっては、法的なフォローをしてくれるところもあります。報告して終わりではなく、後の処理まで相談できるのがプロの浮気調査です。

もちろん探偵の調査力は、浮気調査以外にも多くの場面で活用できます。たとえば家族の素行調査です。親と離れて暮らす子どもが心配なときや、夫がリストラされた可能性があるときなど、探偵は相手に気づかれることなく行動を追いかけます。 またイジメ調査を依頼する人も増えています。イジメの事実は発覚しにくく、調査が露見すると事態が悪化しかねない点や、証拠の収集が重要な点も浮気調査と同様です。こうしたときこそ探偵の調査力が活かせるでしょう。 調査する側のノウハウを逆用して、盗聴器や盗撮カメラを発見するのも探偵の仕事のひとつです。ストーカーの被害を受けているとか、誰かに監視されている気がするといったときには、相談してみるのも良い方法です。

Copyright © 2015 相手の状況について調べてくれる【探偵による浮気調査を依頼】. All Rights Reserved.